祖母の家が取り壊されるということで、そこに置いてあった大量の本が強制的に送られてきた。

もう失くしたか、
誤って捨てられたかと思っていたのに。
それらは30年ほど前17歳から19歳にかけて
古本屋で購入したものが中心だった。
何であの頃は古本屋で本をやたら買ってたんでしょう?
そのうち一冊を手に取り、はっと息を飲んだ。
それは「やつしろ書店」で買った本。
2017092701
太宰治「人間失格」筑摩書房 昭和23年初版

この店、17歳の時に偶然入った。
場所は熊本市内の仁王さん通りという
メインストリートから外れた裏通りにあり、
築数十年はあろうかと思われる古びた木造建築で、
見た目からして「何か古い本がありそう」と
期待させるに充分な外観だった。

おそるおそる引き戸を開けると、
10坪に満たない店舗には本がこれでもかと並べてあり、
さらに並べきれない本が地べたに山積みになっていた。
掘り返すと、見たこともない古い本が出てくるので、
興奮して掘り返す手が止まらなかったのを覚えている。

その後もこの店にはよく通い、
店主にお茶を出してもらうぐらいにまでなってしまった。

ところがだ。
自分の中では良書のある名店だったというのに、
現在ネットで店名を検索してもさっぱり出てこない。
閉店してから15年も経つという。
きっと時の流れの中で、
人々の記憶から消えてしまったに違いない。

店が無くなっても、
本は、人から店へ、店から人へ、を繰り返し、
後世に残っていくもの。

この本も大切にしてくださる方のもとへ、
行きますように。
スポンサーサイト

ふらり堂

近頃朝夜がだいぶ涼しくなってまいりました。
台風以降、暑さもだいぶ和らいだ感じがします。

今日も事務所にて本の整理に励んでいると、
電話があって直接持っていきたいというお客様がありました。
2017092301
料理本一式。和風料理をやってらした方だそう。

本職も究めるとなると、こういった本を購入して研究されるんですね。

特に江戸時代料理本集成は良い本ですね。
一応中身が揃っているか確認して、全部揃っていたので、ホッとしました。
良い本をありがとうございました!

ふらり堂

気がつくと9月。
どうりで朝夕涼しい訳ですね。

最近は毎朝ラジオ体操をして目を覚まし、
朝練と称して早朝仕事に勤しんでおります。
それで商売上特に得なことはなく、
朝飯が美味しくて食べすぎちゃうので困ったちゃんです。

そういえば今日はバックヤードの片づけをしてると、
常連さんが良いものを持ってきてくださいました。

トミカ(黒箱)ダイヤペットのミニカー!!
2017090101
そういえば今まで何回か常連さんが「家にミニカーがあるんですよ」って話してくださってたんです。
2017090102
「ミニカーってどんなんですか?」「トミカの古いの」「おおっそれは素晴らしい」
2017090103
「では一度是非持ってきてくださいませんか」「分りました」
2017090104
・・・そんなやりとりがあって、何ヶ月かが過ぎ、
その話も頭の靄の中に紛れこんでいきそうなほど、
時間が経過したのちの出来事でした。

当然頑張って買いました。お客さん大喜びで感謝されました。
私もバンザイ。大変うれしゅうございます。
売る前にパシャリ。写真に撮って記念に残しときましょ。

ふらり堂

このところ本の大量買取もあって、ふらふらでした。
やはり階段で3階のところから段ボール160箱降ろすととても体力を使いますね。

さてそれとは別で、宅配買取で戦前のものを中心に買取がありました。
2017061501
石田英助「一休和尚さん」中村書店 昭和11年。
函入りは大変珍しいです。こういったものが世の中にはまだ残っているもんなんですね。
2017061502
ネットで調べたら石田英助先生は1914年生まれで、現在102歳!!
この本は22歳のときの作品なんですね。感慨深いもんがあります。
2017061503
他に入っていた漫画本。田河水泡「のらくろ探検隊」講談社 昭和14年。
これまた函入りは珍しいです。復刻版と違って、本物は紙質の関係で薄いんですね。
2017061504
動物の描線がデフォルメが効いてて、シンプルで美しいです。
じっと見てると、長谷川町子や杉浦茂へと続く源流を感じられますね。

かなり本が増えてきたので、今月後半片づけに追い込みをかけます!!

ふらり堂

ここ数日倉庫の片づけをしたら、
だいぶ前に仕入れた本が出て参りました。
2017060301
井上一雄「愉快小僧」鶴書房 昭和26年発行。
2017060302
井上一雄といえば漫画少年、そしてバット君。34歳で急逝、夭折の漫画家であります。
彼の絵といえば、印象に残るのは右と左ページの一コマ目の登場人物の口。
鼻が省略されていて、大変シンプル。最初見た時はかなりインパクトがありました。
2017060303
芳谷まさる「コドモ日本丸」雄鳳堂昭和18年。(戦前の本。小口に名前の書き込み有。残念~)
2017060304
シンプルな描線と二色の美しい色使いがマッチしていて、イラストとして完成度が高い漫画です。
私的には芳谷センセは、口を閉じた際の太い描線がカッコイイと思っております。
2017060305
池部釣「ナフタリン小僧」学芸社 昭和18年。(かなりイタミがあります。涙)
2017060306
政治風刺画的なイラストの物語。いわゆるポンチ絵ですね。

しばらくショーケースに飾っておきますので、興味のある方はご来店くださいね。

ふらり堂

| main | next »