FC2ブログ
出張買取の際に大量の書籍と一緒にジャズのLPレコードを買取致しました。

今までのパターンですと、聴き込んでいる場合が多く、
ジャケットにイタミがありましたが、今回はジャケも綺麗。
帯が残っているものもあって、なかなかのものでした。

(帯付) リー・モーガン「トム・キャット(1981年・ハードバップ)」GXK-8181 ブルー・ノート
2019110801

(左)ジョン・コルトレーン/ブルー・トレイン ブルーノートBST-81577帯
(右)ビル・エヴァンス/インタープレイ/帯付、VIJ-115
2019110802
(左)エリック・ドルフィー /アウト・トゥ・ランチOUT TO LUNCH 帯付
(右)ハンク・モブレー/ハンク・モブレー/LP、BLP1560 東芝EMI ブルー・ノート

(左)ホレス・シルヴァー/ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ/帯付BST-84017特別復刻盤特製重量レコード ブルー・ノート
(右)【特別復刻重量盤】ソニー・クラーク・トリオ Sonny Clark Trio/国内盤帯付LP BST-81579 ブルー・ボート
2019110803
(左)(帯付) ケニー・ドリュー / アンダーカレント / LP盤レコード/GXK-8120
(右)セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン/帯付、VIJ-119

(左)この素晴らしき世界 ルイ・アームストロング・スーパー・デラック
(右)【特別復刻重量盤】アート・ブレイキー Art Blakey/モーニン/国内盤LP、BST-84003 ブルー・ノート
2019110804
(左)アート・ブレイキー モーニン キング盤BLUENOTE GXK-8044 ART BLAKEY AND THE JAZZ MESSENGERS
(右)アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「チュニジアの夜(1984年 GXK-8041 ブルー・ノート

(左)国内盤 リー・モーガン キャンディ LEE MORGAN CANDY BLUE NOTE BLP-1590 特別復刻重量盤
(右)アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「チュニジアの夜(1984年 GXK-8102 ブルー・ノート
2019110805
(左)キャノンボール・アダレイ / サムシン・エルス / GXK-8042 ブルー・ノート
(右)【未開封】【マイルス・デイビス 】ユア・アンダー・アレスト/ LPレコード/ 帯付き

(左)ジョン・コルトレーン ソウルトレーン OJC-021(P-7142)
【ジャズLP】ジャズ・メッセンジャーズ「カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol.2」ホレスシルバーアートブレイキー他
2019110806
(左)【特別復刻重量盤】バド・パウエル Bud Powell/ザ・シーン・チェンジス/国内盤帯付きLPBST-84009 ブルーノート
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ 1961~ライヴ・イン・ジャパン/ Art Blakey/UPS-2148~9-B

ふらり堂ではジャズのLPレコードの買取をしております。
整理の際には是非当店にお問い合わせくださいませ。
スポンサーサイト




ふらり堂

今日はいつもと趣向を変えまして、当店のレコードクリーニング方法をご案内してみようかと。

ハイ、出てまいりましたのはなんでこんな事になったのか分からんくらい汚れたレコード。
水でも被ったかな、と思うのですが、ジャケにウォーターダメージは皆無。

タル・ファーロウ60年台の帯付です。これは綺麗にしなければ。





まず用意するのは、壊れたレコードプレイヤーから摘出したマット。
これの上で作業することにより、盤をキズとホコリから守ります。
P1520756.jpg


拭くのは100円ショップに売っているマイクロファイバータオル。
私はこの一択でやっております。
綺麗なレコの指紋なんかを拭くやつ、普通に汚れたレコードを拭くやつ、激烈に汚いレコードを拭くやつの三種を用意。

P1520752.jpg


そして、秘伝のタレをこのタオルにつけて拭く訳ですが、タレの原料は

アルコール。これを6割。
P1520755.jpg

そして、アルカリ電解水。これを4割。スプレーボトルに詰めてよく振ります。
P1520754.jpg

理屈としては電解水で汚れを分解→アルコールでも分解、そして蒸発。

てなかんじでございます。

ちなみにSPにアルコールはご法度なので電解水100%、CDの場合はアルコール100%でやってます。

今回のはあんまりひどいので、激烈用で軽くはたいてからレコに直接スプレーし、拭いていきます。
イメージとしては音の溝から汚れをかき出すようなイメージ。
レコードが回転する向きに結構圧を掛けてゆっくり拭き上げていきます。
ゴシゴシと往復させるのはあまりお勧めできません。

ハイ、こんなにピカピカ!
そして、これがポイントなのですが、汚れにかくれていたスレ傷が出現しました。

P1520753.jpg

綺麗にするのはもちろんなのですが、正確にコンディションを知るためにも盤洗浄は必須なのです。

手間のかかる奴ほど可愛いとは申しますが、ほんとそうですね。
そんなわけで毎日レコードを磨く日々を送らせていたたております。ありがたい・・・。

ふらり堂

「和ジャズ」が大人気。
少し前まで割とスルーされてたんですが、今はとんでもなく人気。
なかでもTBMこと「スリー・ブラインド・マイス」レーベルのものは特別。
本当に音が良くって、内容も良い。全アルバム聴きましたが全部いいんです。
で、これもすごく素敵な一枚。ピアノトリオにコンガがピリッと効いてます。

P1310086.jpg

TBMのレコードはオリジナルと再発があって、こんな小冊子風のライナーがついてるのがオリジナル。
P1310089.jpg

こんなのも入ってきました。山下洋輔の「寿限無」。フリージャズは大好物。しかも・・・

P1310082.jpg

マトリックスナンバー「111」!!これは初回プレスであることを意味します。
まあ、内容が内容なのでそんなにプレスはしてないと思うんですが、
やっぱり初回プレスは嬉しいものです。
P1310085.jpg

ジャズのレコード、なんでもウェルカムです!

ふらり堂

| main |