FC2ブログ


ソウルやブルースをこよなく愛する私ですが、その周辺のレコードってなかなか入ってきません。
ディスコとかだったらそれこそ星の数ほど入ってくるのですが・・・。
そんな中、王道のソウルとかをすっ飛ばしてこんなディーブなアフリカン・アメリカンものが。

キング牧師の演説モノ、追悼コンサートなど。

P1530143.jpg

右上のはゴーディー・レーベルからのリリース。つまり、モータウンなんです。
どちらかというと、白人マーケットに迎合しているように見えるモータウンですが、
抑えるところは抑えていたんですね。’68年のオリジナル盤。

これも面白いんですが、左上のレコードには「キング牧師の誕生日を祝日に」というレーガン大統領あての嘆願書入り。
このことからこのレコードは’81年から’89年の間にリリースされたことがわかります。

P1530144.jpg


そしてホントに珍しく、データも乏しいのがこれ。マルコムXのレコード。

P1530146.jpg

P1530147.jpg

P1530148.jpg

本人の演説?と色めき立ったのですが、さすがにそうではなく、裏ジャケをよーく見ると、
Waldo B phillips , Marvin Jackson ,そしてあの、フリージャズ、ブラックパワー評論でも有名なリロイ(ルロイ)・ジョーンズ(ムスリム名はアミリ・バラカ)の詩の朗読!
観客の前で録音されており、音質は決してよくありませんが、熱気の伝わってくる音源です。
解説にマルコムXの死についても言及されていることから、1965年以降のものであることは分かります。
アミリ・バラカが朗読している「A Poem for Black Hearts」は67年作なので67年録音の可能性は高いです。

キング牧師は教科書にも載っていそうですが、マルコムXはその思想の過激さから一段下に見られている感じがします。
90年代初頭にラッパーがマルコムXをこぞって賛美したことからその知名度は飛躍的に上がりましたが、それも遠い昔の話となりました。

マルコムXのような人物が現れない、最低限平等な社会が理想ではありますが、
報道を見る限り、米国のアフロ・アメリカンに対する差別は徐々に悪質さを増しているように感じます。
歴史、過去を学ぶのは大事だな、とこの歳になって思うようになりました・・・。
スポンサーサイト




ふらり堂

ずいぶんと長いことレコードとの出会いを楽しんできた私ですが、これは結構珍しい束です。



台湾のものは結構見たりもするんですが、韓国の60年代ものはなかなかお目にかかれない。
需要も供給もない、そんなジャンルなのです。

しかし、聴かず嫌いは良くないです。特にこの方 南一海(ナム・イルヘ)。韓国のシナトラといいますか、そんな感じのすごくいい歌手。リズム感がジャズのそれ。
P1490360.jpg

で、この人に曲を提供してるのが羅花郎(ナ・ファラン)という人で、これまた韓国の服部良一といいますか、そんな作風。
多分聴いてたんじゃないか、と思います。

他も気になるものいっぱいなんですが、知ってたのはこの人くらいで、あとは全く未知の世界。

例えばこれ↓
P1490402.jpg

台湾の10インチ盤で、多分50~60年代のヒット曲集なんですが、これも良かった。
日本も含めてロックンロールが席巻する前の世界のポピュラー・ミュージックってラテンの影響が強いんです。
アジアだけじゃなくて、アフリカなんかでもそうです。
この赤盤もそれを証明する大ラテン祭り。

歌は中華の影響が色濃く残ってるんですが、バックは完全にラテン。

需要も供給もないレコードたちを前にしてどうしようかと考えましたが、とりあえずネットに出してみようかと。
こんなの家にいっぱいあるよ!という方おられたら、ご一報を。
決して高くは買えないのですが・・・・
個人的にすごく聴きたいので・・・・すいません・・・

ふらり堂

完全に間違った先入観を若き日の私は持っていました。
それは「70年代の白人、ヒゲ、長髪ジャケのレコードはイケてない。」
というものでした。
tile.jpg

カントリー・ロック、スワンプもの、ブルースロックといったジャンルにヒゲは出現しがちです。
内容については間違いを認めた現在の私ですが、ビジュアルはやっぱりキツイですね。
ランダムに抽出した8枚の中、まあイケてるのは上段右から二番目のデラニー&ボニーくらいですか。
このアルバムは本当に名盤!クラプトンが惚れ込んだのも頷けます。

そんなヒゲの中にも只者じゃないヒゲが!

P1330543.jpg

ドニー・フリッツの「プローン・トゥ・リーン」です!!!!

しかもUSオリジナル!開封はされてますがシュリンクが残っている美盤!
マッスル・ショールズの手練が総参加のこのアルバム、「黒人に憧れる白人」
の理想の姿が刻まれています。

あとは、ブルース・ロックでキャンド・ヒートの「フューチャー・ブルース」もUSオリジナルで。

P1330560.jpg

こちらは残念ながらカット盤なんですが、初回特典のコミックが入っていました。

偏見を捨てた私は、ヒゲレコがやってくるのを首を長くしてお待ちしております。

ふらり堂

| main |