FC2ブログ
こんにちは!
ようやく涼しくなって、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

うちも倉庫の片付けがやりやすくなりました。
ちょっと前まで汗ダラダラでやってて大変でした。
といってもやってもやっても本の山はナカナカ減りませんけど。

ところで先日大好きな戦前の雑誌を仕入れました。
大阪商船発行の「海」。
昭和3年~昭和18年までと、だいぶ幅がございますが、
戦前の旅行の様子を知るには良い雑誌なのです。

まずは表紙をズラリと。
2019092701
2019092702
2019092703
2019092704
特に女性が見送りをしている昭和3年1月号は、風情があって大好きです。
2019092705
世界恐慌が来るちょっと前で、まだ紙面からは平和で穏やかな感じがします。

ページをめくると、当時アメリカのシアトルまで13日間の航路だったことが分かります。
2019092706
だいたい距離にして1万キロぐらいありますから、時速70キロぐらいで進んだんでしょうか。

昭和10年4月号になると、当時植民地だった台湾のページが。
2019092710
台湾ってこんなところだったんだ。完全に南方という感じです。

昭和17年9月号には満州特集。
開拓団の開墾の様子や、工業化されている工場の様子等。
2019092712
2019092718
広告には別の号ですが、南満州鉄道株式会社、満鉄。「団体5割引」って強烈な割引です。

何冊かは鳥瞰図的な地図も掲載されていて、当時の地形を3Dとして見ることができます。
2019092707
あと当時の船内の様子です。みんなたぶんお金持ち。
2019092724
この時代に船旅なんて出来たら最高だったでしょうね。

広告もいろいろ面白いものが載ってました。
2019092721
特に甲子園球場で開催された「戦車大博覧会」が興味深いですね。
ネットで調べると「1939年2月、大阪市の御堂筋を戦車や装甲車など60両が行進した。朝日新聞社主催の「戦車大展覧会」の最終日に、阪神甲子園球場から大阪城まで約15キロを走った」とありました。

パラパラめくってたら、よい息抜きになりました。
また整理して、面白い本を発掘するぞ~!
スポンサーサイト




ふらり堂

台風が去り、空には太陽が射し、
またジリジリと残暑が襲って参りました。
台風の被害に見舞われた方、大変かと思いますが一日も早い復旧を
お祈り申し上げます。
(うちも少し看板関連が破損しました。涙)

昨日と今日とで、車の中の荷物をだいぶ整理ができつつあります。
なんとか月曜日までに車の中を空っぽにしなければ、
また火曜日より仕入行脚の旅が始まってしまうのです。

それはそうと、とりあえずは仕入れの成果を。
2018082510
大好きな戦前本の数々。動植物・民間医療関連が多いです。

あっ少し終戦直後も混ざっております。
2018082511
九里聡雄「食用野草」鳳文書林
本田正次「食草案内」国民科学叢書
どちらも昭和21年、食糧難の時代に出た本です。
2018082512
よほど食糧が無かったんですね。草を食べねばいかんかったは。
2018082510
あと新沼謙治さんが見たら喜びそうな本。
高畠多一「伝書鳩」中央普鳩会 昭和15年
2018082513
戦前にこんなに立派な鳩舎があったんですね。
2018082520
軍用犬とともに軍用鳩。戦時中の情報伝達等に一役買っていたんですね。
なかなか興味深い本です。

2018082515
薬草草木家庭療法宝鑑 続編 婦女界 昭和8年付録
難病を治したお灸と薬草療法三百八重種 主婦の友 昭和14年付録
必ず治る民間療法千種  主婦の友 昭和13年付録
2018082517
「喉の異物」「眼の異物」…医療費が高かったので、こうやって家でできることは何でもやったのでしょうね。
2018082516
「小児麻痺のお灸」…この本読むと、お灸で何でも治るような錯覚に陥ります。
2018082518
わきがや口臭も民間医療で治るとは。千種と書いてありますが、本当に凄い数の民間療法が書かれております。

他にも紹介したい本がありますが、これで時間がいっぱいいっぱい。
また入荷しましたら、紹介させて頂きますね。

あと戦前本の買取、喜んでやってますので、
片づけの際はぜひご一報を!

ふらり堂

業者の方が段ボールで5箱ほど本を持ってきてくださいました。

その中から抽出したのが下記のものです。
2018062115
いつなんどき、どんな本が入ってくるか分らないのが古本屋の常ですが、
突然戦前戦時中の本が入ってくることもあるもんなんですね。
2018062114
アサヒグラフは大東亜戦争。戦前のものはほとんどが昭和18年(一枚目の写真中央)で、
その後は戦後昭和21年(一枚目の写真左端)に飛んでます。
おそらく昭和19年から20年は本を買うなどの余裕が無くなったからかもしれません。
2018062116
週刊少国民も同様で、すべて昭和18年発行でした。
2018062111
この雑誌、時折見開きであるイラストが迫力満点なのです。
2018062112
この双六などは軍事物の双六で、非常に珍しいですね。
どちらも額などに入れて飾りたくなってしまいます。
2018062113
あと希少本ではないですが、「猟銃等取扱いの知識と実際」。専門的な本ですね。
銃を持っている方しか見ることの無い本なので、書いてある内容が興味深いものでした。

このように業者の方の持ってくる本は、何が飛び出すか分らないので大好きです。
また何か面白いもの持ってきてくだらんかな~。

ふらり堂

よく送っていただくお客さんより、今回も宅配買取がありました。
2018052107
何でも古いものは取っておくご先祖様だったようで、毎回いろんなものを売っていただいております。
2018052102
今回ぱっと目に飛び込んできたのは「新支那写真大観」。
同じ本が二冊あるので驚きました。
2018052103
また戦前の絵葉書等は、戦前の景勝地の雰囲気を味わうことができて、
眺めていて楽しいものでした。
2018052104
(簪(かんざし)等の小物もございました)

できるだけ店に並べますので、興味ある方は是非ご来店くださいね!


ふらり堂

今日も一日戦前本の整理をしておりました。
2018050501
と、言いつつもなぜか本以外のものに目が向きますね。
2018050502
戦前の「愛国百人一首」。ジャケが良いですね。
2018050503
こちらのトランプは絵柄が写実的で、貫禄のあるキング。
2018050504
補聴器は昭和30年代ぐらいのものかな。最近のものと比べると大きいのは当之然之助ナリ~。
2018050505
硯は北海道十勝産のもので、
持ち主が昭和11年頃に送ってもらったらしい。
触った感じは今でも普通に使えそうでした。

こういった本以外のものを休み休み触りつつ、
なんとかほぼ片付けにメドがついた一日。
数十年分の埃と汚れを浴びて、心身共に充実した感じ。
やはり古いものはいいですね~。

ふらり堂

| main | next »