FC2ブログ
昨日の出張買取に荷物に指一本触ることなく、
夕方までひたすら金曜クラブの荷物の整理。
とにかく金曜クラブの荷物はいろんなものが混ざっているので、
整理に時間がかかるったらありゃしない。
でもそのおかげで中にはオオッと思うような面白いものが
あるんですよね。

時間無く、余裕無く、夕方まで切羽詰って働いてました。
夕方倉庫へ行き、昨日の荷物を降ろして、
近所の中華料理屋にて八宝菜+ラーメンセット。
飯のときだけですね。唯一心が和んだのは。

帰ったら出張買取時間まで本の整理と値付けを。
夜9時には昨日のところへ行き、残りの本を引き揚げました。
今日のところはダンボールで30~40箱はあったでしょうか。
なんだか査定に時間がかかりそうですね~。

帰って今月の会計の仕事を。珍しく残業しました。
出張で静岡で本を購入する前に仕入れの金額を
把握しておこうと思ったからです。
今月の仕入れは割りと順調で、現時点で通常月の7~8割程度でしょうか。
これで静岡・東京・名古屋の3連チャンでさほど買わなければ
いつもの月ぐらいに収まるんです。
しかしいつもの自分のパターンだと
おそらくどっかではじけてしまって、
仕入れ過剰で経営が逼迫するんじゃないかという恐怖感があります。

分かっちゃいるけど、やめられない~♪
いや、まじめに仕入れてるだけなんですけどね~。
スポンサーサイト




ふらり堂

なんとな~く時間が無くて、逼迫して、緊迫した一日。
週末から4泊5日で地獄のように楽しい出張旅行が待ってるからなんです。

今日はほぼ一日事務仕事ができないので、
朝早く事務所にて11時まで仕事をして、大阪へ。
途中西宮名塩SAにて豚汁定食を。
ここの豚汁は最初ちょっと豚汁にしてはあっさりした
感じだと思ったんですが、これは関西風だからなんだと今日理解しました。

午後1時に大阪今市へ。北東北書会にて写真集やら一般書籍を少々。
午後3時に大阪古書会館。昨日の金曜クラブの荷物と月曜日の二十日会の
荷物合計3カーゴ(ダンボールにして約27箱)を車に積載。

夕方6時玉津ICから降りて最寄のCoCo壱番屋にて野菜カレー。
で、事務所に戻ったら、今日の荷物の整理を8時半まで。

8時半より出張買取で、車で20分ほどのところへ参りました。
そこは何でも自宅の改装があるので本を六畳間一部屋分全て
売りたいとのことでした。
何でもそれは急ぎたいとのことで、今月中には売り払いたいとのこと。
話があったのが今週はじめ。で、カレンダーを見たら、月末の出張が
あるので、スケジュール的に今日となった訳です。

その彼の部屋へ行くと、
6畳間にすごい量の本が並んでいるじゃないですか!
その方は私と同じ年齢なのですが、
40年分近くの人生がその本に凝縮されているような、
なんだかそんな情念のようなものが伝わってくるんです。
本を箱に詰めていると、なんだかこちらまで懐かしくなって、
途中何度も手が止まりました。

結局彼との話し合いで、査定は全てを持って帰って一旦倉庫に
入れ込んで後日出張から戻ってきてからゆっくり行うことで、
了承を得ました。

それにしても本の量の多いこと。
3000~4000冊は入るはずのデリボーイがあっという間に
満タンになってしまいました。
夜11時半。もう遅いので続きは明日することにして、
そのまま自宅へ。

帰ったら風呂入って、撮り溜めた「カーネーション」観てバタン也。

ふらり堂

長かった。本当にヒタスラ長い市会でした。

電車で行って、知り合いの古本屋さんらとホテル一階の豆腐屋で
ランチを取ったところまではいつもと同じ。

で、午後一時に金曜クラブのセリがいつものように
始まりました。
フリをする人がいつものように冗談を言いながら、
テキパキと本を捌いていくのですが・・・・
捌いても捌いても、次から次へと本が出てくるんです。
午後4時になっても、5時になっても、6時になっても終わらない。
午後7時になって終わる気配が見えた時。
目が、いや瞼が相当重くなってました。
って、市会の途中で眠くなるのはいつものことですか。
そんなこんなでフリの終了は午後7時半、
入札の終了は夜の8時。
う~ん、ここ一年じゃ最長じゃないでしょうか。

途中から持久走でもやってるような気になってきました。
当然ながら皆おなかが空いてヘトヘト。
知り合いの優しくて偉大な古本屋Kさんがおにぎりを
買ってきてくださって差し入れしてくださいました。
おにぎりの威力は絶大です。彼の株がこれで急上昇ですよ。

ということはさておいて、支払いをやって神戸事務所に
帰ったら、もう夜10時。
1時間ほどパソコンのキーボードをお茶飲みながら
パチパチ叩いてオシマイ。

こうシテ、いとも簡単に一日が終わっちまいまシタのでした。

ふらり堂

朝イチでホテルから名古屋古書会館へ。
9時に会館が開館したので、朝イチでパチンコのモーニング
狙いをやっていたときのように突進!
で、好みの本はこの日はナシ。ケも無しですネ。
脱兎のごとく忸怩(ジクジ)たる気分でわずか一時間で
会館を去りました。
ある程度は入札しましたが、結果も見ないままに
兵庫県へと移動。

この日は兵庫愛書会にてなんだか変わった本が出るとのこと。
詳しいことは業界内の秘密で、股間にかかわることなので、
いや沽券(コケン)に関わることなので、
なかなかここには書けません。

10時に名古屋を出て、お昼の12時半に神戸市元町に。
久々に韓国料理専門の「スープ房」にてランチを。
相変わらずキムチスープが美味シ!であります。

午後一時に兵庫古書会館へ行くと、
「二週連続で来るなんてメズラシイ!!」って言われました。
スイマセン、普段ホンと来れなくて。
来たからにはがんばって入札します。

とにかく開札までの1時間、ひたすら一生懸命に入札しました。
この一生懸命さが高校時代にあったなら、成績良かったでしょうにネェ。
結果10点ほど落札。面白そうな本も落札できたし、
漫画や一般書籍も適度の落とせたし、
来て良かったです。

荷物を載せて、午後7時頃神戸事務所に到着。
当然この日は神戸本を中心に整理して値付けして、
午後11時まで。

ふらり堂

日々起床は6~6時半。そろそろ寒くて布団から這い出るのが
億劫になってまいりました。
とにかく布団から出るときは気合、気合。
で、シャワーを浴びて、最後に水をかぶって、
スッキリサッパリで朝の仕事を開始!

まずは大阪に行く前に仕事をある程度終わらして、
10時過ぎに大阪古書会館へ。
到着は12時過ぎ。で見てみてパパッと入札。
二十日会、来る古本屋さんの数が毎回多いので、
落札できる自信ナシ。
成るが儘ヨ!とういことで、天を運に任せて、
いや運を天に任せて、あとは神の見えざる手にて
落札が決まることでしょうに。

落札結果も見ずに一路名古屋へ。
途中香芝サービスエリアにていつもの豚汁定食を。
(この日はサツマイモが入ってました。美味シっ!)
名古屋の古本屋さんに到着したのは午後3時半。
夕方6時までバイトして、もう一軒知り合いの古本屋へ寄って、
ホテルにて宿泊。

ふらり堂

今日もアマゾン本の入力。
なんだか最近アマゾンが好きになって、
暇さえあれば入力ばかりやってます。

そんな折も折、急に腹痛が襲って参りました。
ウエッ。昼間中華料理屋さんで麻婆豆腐を頼んだんですが、
タレまで全部啜ったら、そのタレがお腹の中で
暴れだして、もう滅多ヤッタラに痛いんです。
すぐに胃薬を二袋飲むもぜんぜん効かない。
(その後もう一袋の飲みました。でもぜんぜん効かんのですよ)

で、そんな折も折、出張買取の電話がかかって来るんです。
もうお腹をかかえて、必死の形相。
一刻も早く終わらせたい気持ちで、目的地へ。
って、いくかこんな時に限って高速の降り口を
ひとつ間違えるんですから、たまったもんじゃない。
「急がば回れ」ですか。いや、いや、
ここは孫子言うところの「迂直の計」ってヤツにしときましょう。
か、それはともかく目的地に着いたのであります。

風がピープー吹いていて、それがお腹に余計堪えました。

さて査定をするぞと本を見ると、ほとんどが宗教の本でした。
宗教書はアタリとハズレの差が大変大きい書物です。
で、その中には宗教書としては
人気の本が入っていてくれてました!
やった!出張買取報われました!

普段ならすぐに帰ったら車から本を降ろすのですが、
この日ときたらその気力ナシ。
もう家に帰ったら即ネンネですよ。

7時には床に入って、その後は寝たり起きたりを繰り返しながら
朝7時半まで。長時間の眠りから覚めると、体が爽やかソーカイ
になってました。あの腹痛はなんだったんでしょう?

ふらり堂

今日も元気にアマゾンの入力!
と、いきたいところでしたが20点、
そう20点入力したところでアマゾン入力ソフトが凍り付いてしまったんです。
世に言うフリーズってヤツですか。
パソコンは強制終了しろ!と言っております。
そんな御無体な。古書だって登録しとんのですよ。
アマゾンに古書を一点登録するのって、メチャしんどいんですよ。
バーコードが無いけん、ISBNが無いけん、
手入力で入れんとイカンのに、それが水泡に帰すってことでしょうか。

なんだか分からん表示が出ていたので、OKのボタンを押すと、
すぐにソフトが立ち消えて、データがオジャンで白紙になっちゃいました。
このパソコンがオカシイのか!

すぐにデフラグかけたり、驚速ソフト起動させたりと、
いろいろ措置をほどこしたのですが、依然としてソフトの
調子は悪かったんです。
で、え~い、こんな使えないソフト作ったの誰なんか~と
もう半ばキレかけて無意味に画面を叩こうと思ったら。

そう、そう思ったら!その瞬間に分かっちゃいました。
あっアマゾンが悪いんだ。
福岡の古本屋さんに電話をかけると、やっぱり。
アマゾンにつながらないそうです。
熊本の古本屋さんだってそう。
で、うちもアマゾンにつながらない。
やっぱり、やっぱり。

ついでに名古屋の古本屋さんにも聞いてみました。
「アマゾン?つながるよ~」

名古屋だけは別扱い?おみゃ~は特別扱いだでよ~って感じでしょうか。

で、こちらも夕方回復。
なんとか後半の追い上げで100点以上入力できました。
ヨカッタ、ヨカッタ。
にしても今回のことで分かったにのはアマゾンの重要性。
もうアマゾン無しには生活できない体になっちゃいましたね~。

ふらり堂

一日中仕分けと値付けとアマゾンの入力。

アマゾンは他のパートさんにも入力してもらっているんですが、
人手が足りないので私も入力してます。

手順としては・・・

仕入れた本を塊でパソコン机の前に持ってきて→
アマゾン用は即入力→
ヤフオク用は値付けしてパートさんに回す→
ついでに市会用、廃棄用、HP用とほぼ同時に仕分けしていきます。

アマゾンのこの日の入力点数は仕分けしながらですので70点ほど。
(少ないですなァ~)
で、仕分けの方はだいたい終了!
早よう次を仕入れなければ。

ふらり堂

先週休んだので、なんだか申し訳ない気持ちで
大阪北東北書会へ。

出品は少なめですが、その中によくよく見ると、
いいものがあるじゃないですか。
今日は昨日スタッフが出張買取で仕入れてきた
堅めの内容の本を出すことに。

結果、売りと買いの金額がだいたい同じぐらいになりました。

いや~、売ってよし、買ってよしで
今日の市会もよかったです。

帰りに8月に松田優作関連を買ったお客さんのところへ。
以前来た時にも感じたんですが、
慎ましやかで非常に整理整頓が行き届いた部屋なんです。
部屋に入るときは猫がにゃ~んとお出迎え。
なんだか和みますね~。
ここで本を買い物袋7つほど仕入れました。
その多くはお客さんの知り合いのものだそうで、
種類は漫画や実用書やら実にバラエティに富んでました。
帰って仕分けるのが楽しみ。

お客さんと近所の蕎麦屋で蕎麦を啜って、
5時ぐらいに帰途に。

帰ったら早速お客さんの荷物を整理して、
ネットにて販売しました。
どうか売れてくれますように!

ふらり堂

6時半に起きて8時半まで仕事を。
昨夜から借りているKさんの車ハイエースでKさん宿泊の
ホテルへ迎えに行きました。
さすがに新車のハイエースは運転しやすい。
なぜかBGMに80年代のアニメソングがかかっていて、
懐かしさでいっぱいになってきます。

ホテルでKさんへ運転をバトンタッチ。
大阪へは10時半に到着。
時間があるので、「ブルータス」を購入。
映画特集のページをボーっとしながら読んでました。
11時半、名古屋から来たTさんと三人で近所の海鮮モノのお店へ。
Kさんウニ丼、Tさん海鮮丼で、二人ともかなりの量。
私は520円の天丼を頼んだのですが、これも安いのにかなりのボリューム。
もう食い終わったら急に眠気が襲ってきてました。

午後1時に日南会開始。
今回荷物が少ないかな~と思っていたのですが、
それなりにはあって、午後4時過ぎまでかかってしまいました。
おかげで買う量はだいたいいつもの量ぐらい。
内容はそんなに悪くなく、よくもなく。
カーゴ二杯弱を車に載せて帰ったのは夕方6時過ぎ。
早速買ってきた本を降ろして整理と値付けを夜11時まで。

ふらり堂

今日は30分でも遅れてたら、予定のことをこなせないような感じの
ハードなハードな一日でした。

まず朝起きたのが7時半。朝風呂入って、朝の連ドラ観て名古屋古書会館へ。
ここまではノンビリですが、会館の開く9時になるともう真剣。
制限時間は60分。10時までひたすら入札しまくりました。
午前10時、知り合いの古本屋Kさんと一緒に神戸に移動。
まあいつもながらの古本二人旅ですね。

午後1時に兵庫古書会館に着いて、ここでもひたすら入札。
Kさんも何点か入札されていたようでした。
結果を見る前に、明日の日南会の出品のために大阪古書会館。
二人で出品物を降ろして、再び兵庫古書会館へ行くと、
いい塩梅に入札したものが落ちてました。
Kさんもまあまあの結果のようでよかったです。

その後に神戸事務へ行くと、午後5時半ジャストぐらい。
待ち合わせの時間に間に合ってよかったです。
今日は知人のベンホーさんの計らいで、Hさん・Kさん・私・DEPPさん・ベンホーさんの
五人が集まって飲み屋でワイワイ。
その後もベンホーさんの事務所へ行って、こころゆくまで話し合いました。
あ~楽ちかった~~。

目まぐるしい一日でしたが、
仕入ればかりで大して仕事をしてないので、チョイっと不安。
明日も日南会、明後日は北東北書会か。
う~ん、仕事は週末まとめてやりますか!

ふらり堂

明日は神戸に用事があるため、
前日から名古屋の出品状況を見ることにしました。
12時前に到着して、以前寄ったことのある蕎麦屋で定食を食べて、
午後1時ぐらいに古書会館。
出品物はまだあまり出ておりませんでしたが、
ナカナカいい本が並んでました。
さっそく予習、予習っと。

午後2時に古書会館を出て、3時過ぎにバイト先へ。
ここで夕方6時まで労働に勤しみました。
作業は本をくくる仕事なのですが
相変わらず本がいっぱいあって、ヤリガイがあります。

午後7時過ぎに金山。松屋でカレーを食べて、
パチンコ屋で久々にパチスロを。
投資金額6000円でレギュラーを引いて、そのコインが飲まれて
追い銭1000円でビッグ。その後シーソーゲームが続いて、
午後10時半、換金したら7090円。
90円のプラスですか。時給30円、ショボイですね~。

今思うと3時間読書でもしとけばよかった。
いや、あまり勝てないからそう思うんでしょうけど、
勝ってたら「やったー!」みたいなこと日記に書いてるでしょうね。

ホテルに帰ったら他に何もやる気起こらず。
風呂に入って12時過ぎ就寝。

ふらり堂

最近腰痛体操のおかげで、
腰痛らしい腰痛が無くなってしまいました。

知人のベンホーさんに紹介していただいた本を
読んで実践してみたのですが、これが効く効く。

腰痛は自分で治せる―寝ながら簡単にできるものばかり!
(セレクトBOOKS) 石井 博明

昨年まで千葉ロッテマリーンズの専属トレーナーをしていた方が
書かれております。
写真が大きくて分かりやすく、寝っころがってやれるのが
お気楽でいいです。
いつも寝る前にちょっとやって寝てます。
それで腰痛になってないんだから、
この一ヶ月はマッサージ屋さんへ行くことなく、
仕事に専念できました。

普段の一ヶ月だったら1万円は使っているので、
これが一年続いたら、1万円×12=12万円!!
うん、結構な節約になりますね~。
オマケにその分仕事もできちゃうので、
12万円分以上の恩恵があるかも。

この日も朝から晩までアマゾン漬け。
気が付くと夜11時になっているという按配。

ふらり堂

今日は夕方5時まで本の整理と値付け。
この三日間でだいぶ片付いてきました。
先週の仕入れが普段の週の半分以下だったことも
幸いして、かなりいい感じで在庫の方がさばけて
よかったです。

片付けの最後に文庫本が一棚残りました。
スタッフのT君が出張買取で仕入れてきたもので、
パッと見た目にはISBNコードも無いし、
売れるんだろうか?というシロモノです。
これが使えるかどうかを調べるのに
時間がかかってかかって。
古い本はホント手間がかかるようにできてます。

今日は車のオイル交換へ行くので、
早めに夕方5時に引き上げることにしてました。
そのオイル交換の時間に読む本は何か無いかな~と
思いつつ、整理してるとカチリと引っかかる本が。

太田治子「母の万年筆」朝日文庫

ISBNコードの無い本です。
1980年代後半でもISBNが入っていない本もあるんですね。

内容は亡き母への思いを綴ったものであり、
読んでいて何度もホロリとさせられました。
とにかく太田治子さんの文章が、まるで
親しい人から打ち分け話を聞いているかのように
シンミリと伝わってくるんですよね。
太田さんは太宰治の娘さんで、
世間的には道ならぬ恋愛の結果生まれた
お母さんと治子さんの苦労は相当なものだったでしょう。

自宅へ帰り、電話を何本か知り合いや母にかけてたら11時。
あれれっ。あっという間に一日が終わっちゃいました。

ふらり堂

今日も本の整理と値付けをセブンイレブン体制で一日中。


仕入れた本をパラパラめくっていると、
また一冊の本に目が留まりました。

秋山満「COMの青春」平凡社 1990年発行

1968年から70年までCOM編集部に
在籍した作者の回想録。
手塚治虫に依頼した火の鳥の表紙が8日間も待たされた上に、
できが悪かったので思わず本人の目の前でゴミ箱に捨ててしまったこと、
石森章太郎のジュンの休載理由、
部数を伸ばすためにガロの作家に営業をかけたことなど、
内部の人間しか知りえぬ興味深い事実がいろいろと綴られております。

あと漫画への情熱がすごい。
読んでいるこっちにもそれが伝わってきて、
自然ページをくるスピードも興奮してきてなんだか早く
なっちゃいますね。

それはそうと、忙しくなると現実逃避したくなるんでしょうか?
何かしら一冊目にとまって、昼飯時・夕飯時・寝る前に
読むのが常となってしまいました。

読みたい本は自宅にも山のようにあるので、
ホント時間があればな~。と思いつつページをくってます。

ふらり堂

本の整理と値付けをセブンイレブン体制で一日中。

本の整理をしてると、一冊の本が目に留まりました。
なんてことはない、それは雑学の文庫本の束のひとつ。
普段ならパッと見て、すぐに片付けるのですが、
「そういえば昔こういった内容のものってあたよな~
ジュニアチャンピオンコースとかいったヤツ」

どんなことが書かれているかと読んでみると、
結構ショッキングなことが書かれてるじゃないですか。

「死神に呪われた古城-ギリシアのペロポネソス半島、
ノーブリオン湾に建っている古城ボージャズは死神に呪われた
自殺の名所になっているという。

1800年頃、この城の城主が付近の少年少女をさらっては、
悪魔のいけにえにしていたというのだ。
その悪魔の呪いで城主は亡くなり、
その後住む人住む人命を失い、その城は荒れ果てて200年。
今では自殺の名所となり、百人以上も亡くなったという」

と、書かれているが、ネットで調べてみると実際にそんな
城はなくて、ナフプリオン湾に浮かぶブルジイ島の城がそれらしいが、
観光名所で遊覧船浮かんでるようなのどかなところ
らしいんです。

大人って本当に嘘つきですよね~。
怖がらせようとして、それらしいことを繋ぎあわして
話をつくってるんでしょう。
子供の頃読んだオカルト本、
大半嘘なんじゃないかって気がしてきました。
まあ夢があっていいといえばいいんですが。

ふらり堂

ホテルで朝食を取り、
9時ぐらいに浜松古書交換会のところへ。

出品順番のボードを見ると、
結構な人が出品をしてます。
出品の量は前回の方が上でしたが、
出品人数では過去最高の人数じゃないでしょうか。

正直私が浜松の交換会に通い始めた3年前、
出品人数も荷物も今ほどではなく、
徐々に増えていった感じです
浜松古書組合の方が相当努力されたんだと思います。

お昼休憩を挟んで5時間以上にも及ぶセリでした。

途中、中だるみもあって、ウトウトもしました。
そんな時に限って結構いい本も出てくるのだから、
なんとかシャキっとしてセリに参加して
取れたり取れなかったり。
参加人数が多いので壮絶な場面もありました。
果たして儲かるか儲からないか。
それは売ってみてのお楽しみですね。

名古屋経由で神戸に帰ると夜11時。
さすがにそれから仕事という訳にはいかず、
自宅に帰ってたまったNHK朝連ドラを見て就寝。

ふらり堂

早朝起きて行ったにもかかわらず、
今日の名古屋での戦果は芳しくありませんでした。
普段の落札が10とすれば、今回は2か3といったところ。
まあ先月は大市もあってお金を使っちゃったので、
これでバランスが取れたってことでですね。

市会が終わると、知り合いのKさんとTさんと
浜松へ移動。
だいたい浜松には前日に入って、
何人かで夜は飲むのですが、
今回は7人といつもより多めの人数。
神奈川の古本屋さんもいらしていて、
結構遅くまで盛り上がりました。

それにして神奈川の古本屋さん、
いままでにお会いしたことの無いタイプの方なので、
話を聴いていてとても刺激になりましたっ。
ありがとうございました。

ふらり堂

そういえば昨日知り合いの業者から電話がかかってきて、
「明日ある大阪の豊書会に行くんだ~。結構いい本が出るよ」
いい本とはラジオ関連のもの。
しかし今回は確実に落とせる自信がないのです。
もし落とせたとしても高値になって利益が出る補償もないので、
考えた挙句にパス。
抱えている仕事も沢山あるので、もし仕事が無かったら行くんでしょうに。
今はテキパキとこなして明日の名古屋に備えるしかないですね。

夜までこなして200点以上を登録。
amazonは人によって個人差がありますね。
登録する人では500~1000点できる人を知ってます。
でもそれは本によってのことなので、自分の扱う本はこの辺りが限界かも。
古書が混じるとそうそう数をこなせません。

まあ数もだけれど、つまるところは質のよい本を仕入れないと。
amazonにはよく1円で売られている本がありますが、
1円本は1万冊売ったて1万円。
そうそう売り上げはあがりません。

良い本を仕入れるには知識が必要で、
知識を身につけるのは勉強が必要で、
勉強をするには時間が必要。

もっと本に塗(まみ)れる時間が欲しいですね~。

ふらり堂

本日も朝から夜にかけてずっと本の整理とアマゾンの入力。

アマゾンの入力をしていたら、
フイに「サルビアの花」の歌詞が頭に浮かんできた。
何で浮かんできたのか自分でも分かりませんが、
一度浮かぶとナカナカ消えません。

それは早川義夫さんの名曲で、
始めて聞いたのは20代前半じゃなかったでしょうか。
そのアルバムは人に貸したら帰ってこなくなり、
もう十数年が経過してしまいました。

でも大丈夫。今はYouTubeというサイトがあって、
ここへ行けば誰かがUPしてるかもしれないんだから。

そう思い、アクセスすると驚いたことにかなり沢山の方が
この歌を歌ってるんです。
もとまろ・甲斐よしひろ ・井上陽水
・天地真理・岩淵りり・あがた森魚・小柳ルミ子・・・
変わったところでは初音ミクなんてのもありました。

歌詞の内容はストーカーのような執拗な男性の愛を歌った歌なのに、
とても美しい歌なんですよね。
意外なことに作詞は女性。女性ボーカールが歌うとしっくりくるのは、
実は女性の心情に近いものがあるからかもしれません。

アマゾンを100点ほど入力したら、日曜日ということもあって、
力尽きて自宅でゴロリ。
読書→近頃購入したアルゲリッチを聴いてバタリ。

ふらり堂

11/5(土)amazonと古書

午前中でアマゾンの梱包と、ちょっとした本の整理が終わったので、
午後からはまたもamazonの入力をやってました。
この日はISBNコードのついてないものばかりを
選んでやってました。

そしたら予想通り時間がかかって、かかって。
まず状態が古い年代のものだからクリーニングするのに
時間がかかりますよね。
あと入力も時間がかかります。いちいちタイトルで検索しなければ
ならないので、その商品に調べてたどり着くまでも一苦労。
アマゾンの古書の場合、商品が同じものであっても改訂前と改訂後も
項目があったり、CDのように89年発売92年発売、01年リマスター版と
同タイトルでいくつもの項目があったりするんです。
正直やたら頭を使います。これでは参入者が少ないのも頷けます。

あと古いもので欲しがる人が少数ですので、本当に需要の少ないものは
入力できたって売れる可能性も低いんです。
古書の知識があるか、カンが働くかしないと、
結構ムダ打ちしそうな気がしてなりません。

状態も数年内発行のものと違って、痛んでいる場合が多いので、
ある程度フォーマットを作って簡単に入力できるようにしているのに
それでも時間がかかります。

夕方までかかって80点入力するのがやっとでした。

そういえばアマゾンの入力代行をやっている会社が
歩合給でISBNコードのあるものは一点40円で、無いものは
およそその金額のプラス約20円。
ですが感覚的には倍ぐらいに感じます。
慣れればもっと早くなるんでしょうが。

ということはその計算でいくと、昨日の入力が140×40円=5600円、
今日は80×60円=4800円。やはりこの金額だと古書の方が
割に合いませんね~。これで古書が売れればいいのですが、
世の中そんなに甘くないです。

入力してみると、やはりISBNコードのついているものが
やっぱよく売れるんですよ。
ホント古書をば勉強せんとイカンですね~。

ふらり堂

アマゾンといえば、ジャングラー。
いや違って、そろそろ未入力のアマゾン商品が
いっぱいになってきたので、私が入力することにしました。

その前に車の中の荷物を片付けなければ。
もう日南会の荷物を近年稀に見る猛スピードで
夕方まで必死になって片付けました。
後が無いんですよ。もう後がないと、必死になっちゃうんですよ。

しかし量があまりにも多すぎて、落ち着いたのは夕方6時過ぎ。
ここはメシでも喰って落ち着いてからと、
午後7時になってからやることにしました。

メシを喰ったら眠いんです。
でも我慢してやらないと。
眠いの我慢して10時半までやって140点ほど入力。
少ないのか、普通なのかまったく分かりませんが、
まあバーコードがついているものばかりだったので、
私より早い人はいくらでもいるでしょうね。

ところでアマゾンってやる人によって、
様式が結構違うので驚かされます。
まず発送方法。プチプチでくるむ人もいれば、
何もくるまずにそのまま封筒に入れて送る人もいらっしゃる。
あとFBAもOPPの袋に入れたりシュリンクしたり、
で、こちらもそのままバーコードシールを貼り付けて
FBA本部に送っている人もおります。
いまだにどうするか、迷っちゃいますね。

迷った末に商品の強度や価値で梱包方法を変えていこうかと
思いつつあります。
やはり高い商品は破損した場合クレームが怖く、
だからといって安い商品に過剰に梱包するとコスト的な問題もあるし。
何でも一律でやるっ、というのに最初から無理があるのかもしれません。

あともっと迷うのが状態の記述ですよね。
どれぐらいのレベルから「非常に良い」にするのか、
あとどれぐらいで「可」にするのか、これも人によって
まちまちですね。
ちなみに私は綺麗な商品だったらやはり「非常に良い」にしてしまいがちです。
でも保管している間に「非常に良い」が「良い」のレベルに
落ちたらどうしよう。そんな不安にもかられます。
だったら無難な「良い」にすればいいのですが、
すぐに売れて欲しいので「非常に良い」にしたい気持ちもあって・・・。

って、そういうこと考えてるから入力に時間がかかるんですよね。

ふらり堂

11/3(木)大阪北東北書会


ちまたは祭日のようです。
文化の日。そうらしいですが、全然ピンときませんね~。

もうここんところ事務所にいなかったもんだから、
事務所の仕事を11時ギリギリまでやってました。
11時。「祭日だから込むかな~」と思って出発。
幸いにも道路はそんなに込んでませんでしたが、
お腹空いたので立ち寄った西宮名塩サービスエリアが大混雑。
メシ喰うのに結構苦労しました。
おかげで北東北書会への到着は午後1時5分前とややギリギリ。

祭日だからこちらの方は少なめかな~。
そう思ったが今度も思いと裏腹に、結構多い出品!
こちらは嬉しい誤算ですね。
サブカル物が少しですが、落札できました。
モノ的にはそんなに出てこないものもあったので、
大満足です。

大阪古書会館で荷物を積んで、
神戸事務所に戻ってあとは夜11時までひたすら整理、整理。

ふらり堂

本日の日南会は三つほどヤマ場があって燃えました。

一つ目のヤマ場はのっけフリの一番目。
なんでもお客からの買取のウブ口だそうで、
水木やら山上などの絶版とは違うISBN系のものが出てきた。
加えて映画関連・写真集関連も充実。
昨日の名古屋の市会でもノクターンを見たのですが、
ここでも発見。惜しくも落札しそこねましたが、
目の正月になりました。

二つ目は遠方の古本屋さんの倉庫整理の本の数々。
これは市の半ばで出て参りました。
なんとカーゴに7台という量で、一時間半もかけてフリに。
大人のエロ本と子供の絵本が一緒に混ざっていたり、
昭和30年代のものと平成のものが同時に出てきたりと、
本当にバラエティに富んでて、見ていて飽きなかったです。
心なしかサブカル好きな古本屋さんがかなり熱心に見ていた模様。
私も負けじと何点か落札してしまいました。

三つめは市の最後。
これは大阪の古本屋さんの倉庫整理のもの。
堅い系の本が多かったのですが、よく見ると結構売れるんじゃないか
とイメージできるものがあって、もう本能的に落札してました。
儲かるかな~。それは売ってみての楽しみですね。

市会が終わると、名古屋の古本屋さんと大阪の古本屋さんと
私の6名で、うどん屋さんにて食事会。
普段ナカナカ揃わないメンバーなので、
貴重な時間でした。

帰ると夜の11時。この三日間事務所の仕事をほとんど
してないので、不安ですな~。

ふらり堂

朝6時半起床。
ホテルの朝風呂にノンビリと浸かりながら、
目を覚ましました。
もうここ何年かは一日に二回風呂かシャワーをやるようにしてますが、
朝やるともうほとんど絶対目が覚めますね。

7時半過ぎには名古屋古書会館へ行って、
昨日やれなかった出品の準備を。
ちなみに朝食はコンビニで買った、バナナと
カフェオレとパン。

朝9時になると、会館の方がいらっしゃったので、
すばやく出品を済ませ、あとはひたすら入札。
やわらかいもの、かたいもの。古いものに、新しいもの。
なんだか今日の千中会は結構バラエティに富んでますね。
1階も、2階もそれぞれ見ごたえがありました。

午前11時半、前々から行きたかったうどん屋さんに
KさんとOさんと三人で行く。
Oさんは70歳以上というのに、全然元気の現役です。
キャリアも50年以上と凄い。
彼の昔話に耳を傾けながら、三人でうどんを啜りました。
ちなみに大盛でオーダーしたら、食べきれないくらいの
量が来て大変でした。

会館に戻り、入札の結果を見ると、
10数点ほど落札。いつもながらどこの落札も
結果を見るまではドキドキしちゃいますね。
なんとか形になってよかった。

帰りは大阪の業者のSさんを送っていき、
うどんをご馳走になりました。

この日は昼も夜もうどんでしたが、
どちらもそれなりに美味しかったです。
特に夜のうどんはバラエティに富んでいて、毎回食べるのが楽しみ。
前回がおろしうどんで、今回は豚肉の入ったうどん。
なんだか全メニュー制覇しそうですよ。

にしても外食ばかりで、太った太った。
チト運動して痩せようかと思います。

ふらり堂

朝8時半頃、神戸を出発。

大阪で市会もないのに余裕を持って出たのは、
名古屋で明日の市会のために出品準備をするため。
第五月曜日は大阪の市会は無いんですよね。

大阪古書会館で荷物を拾って、
お昼前になんとか名古屋古書会館に。
急いで出品しようと思いましたが、
昼飯まで到底間に合いそうもないので途中でヤメヤメ。

この日、知り合いの業者さんのお誘いで
お昼をごちそうになることになっていたのです。
ちょっと遅くなってしまいましたが、午後1時過ぎにその業者さん
のところへ。スイマセンすごく待たせてしまって。
どんなところへ連れて行ってくださるんかな~。

その店は業者さんの事務所から僅か数百メートルの場所にある
焼肉屋でした。
で、ホルモン焼定食をご馳走に。
安くって量が多くって、栄養も豊富そうで、
本当に美味しかったですよ~。
どうもご馳走さまでした。

夕方までその業者さんのところでアルバイトして、
名古屋で行き着けの車屋さんで車の修理。
修理のあとは別の業者さんのところへ寄って、
それでこの日はオシマイ。

ふらり堂

一日仕事を夜まで。仕事しながら、最近の失敗を振り返ってました。

最近やった失敗

・メール便の留置きのお客さんに、ゆうメールで送ってしまったこと。
一週間ほどして見事に「受取拒否のため」として返されてしまいました。

・金曜クラブのセリで、6000円でしか売れないような商品に、
一万円まで発声してしまったこと。
さらに驚くことにその商品より数が多いものが他の市会にも出品されて
いて、3000円ほどで落札できてしまったこと。
(プラスマイナスゼロだ~)

・思いっきり舌噛んで、思いっきり口内炎になってしまった。

・NHKの朝の連続ドラマ「カーネーション」先が気になって、
気になって。もう思わず本屋に走って、解説本を買ってしまいました。
で、その部分の続きを読んでテレビを見たら・・・
やはり面白さが半減した感じ。何も知らない方が良かったんですよね!

・某市場で未開封商品かと思って入札したら、
未開封でしたが、表紙にカッターのようなもので傷が数本入ってました。
こりゃ未開封の意味がないっす!

・某市場で出張買取で仕入れてきた本を、
押入れケースに入ったまま出品。
「このまま買ってください。安くてもいいですから」
という言葉どおり安く落札されてしまいました。
で、市が終わると・・・自分の本のところに空の押入れケースが
ポツンと置かれてるじゃないですか!
阿呆なことこの上無しですね~。

・某市場で「僕たちの失敗」で有名な森田童子のレコードの箱を落札。
高いかな~と思って調べてみたら、一部を除いて高くないことが判明。
文字どおり失敗かと思いつつ最後まで調べてみると、
最後の一枚がその一部でありました!おっと、これは失敗じゃなかったですね~。

11月は極力失敗を減らしたいです。

ふらり堂

世の中には本を読まない人がいるんですよね。
古本屋をやっていると、まるで世の中の
ほとんどの人々が本を読んでいるかのように錯覚するのですが…
実際はかなりの数読んでいない人がいるようなんです。

本を読まなくても大丈夫なんでしょうか。
生活に支障はないんですね。

本を読まない人からすれば、きっと本を読む行為って、
とても手間がかかるものに思えるんじゃないでしょうか。
同じ内容でもテレビの映像などで見ると楽ですもんね。

今日行った美容室の方も本を読まないそうです。
インターネットが全盛になり、
テレビも本もネットや携帯に喰われてしまった感があります。

職業柄、本を読んでいる人が身近にいるので、
市場が縮小している実感がないのですが、
時折本を読まない人に会うと、「この商売本当に大丈夫なんだろうか…」
などとひどく不安に思ったりします。

美容室の帰りにブックオフに寄る。
すると買った本の中に高価買取のチラシが入っておりました。
しかしそのチラシにはDVD・CDの銘柄はあっても、
漫画や書籍は載ってませんでした。
それって本は戦力にならないからですか~。

最近電車に乗っても、本を読んでいる人が異常に少ないので、
またそれで不安が倍加していきます。
皆、お願いだから本を読んでちょうだいナ~~。

ふらり堂

| main |