FC2ブログ
2月も今日で終わり。

名古屋へ行き、大市の入札だけ済ませて、
あとは事務所に籠って仕事でも。

仕入れた本の整理をしてると、またしても懐かしい雑誌が出てきた。
「漫画ブリッコ」。創刊翌年より休刊まで29冊。
当時この雑誌でスゴイなあ~と思ってたのは、岡崎京子と藤原カムイの2人で、
10代の頃この二人の単行本を買うのが楽しみだったなあ。
2015022801
(1983-1986年にあった美少女漫画系雑誌。創刊当初は劇画系だったのだが、部数不振のためアニメ的な美少女路線を辿っていった。白倉由美・岡崎京子・桜沢エリカ・藤原カムイ・かがみあきらなどの作家のセンスが当時新鮮)

2015022802
(83-84年頃の雑誌全盛期?の表紙。表紙にあぽ(かがみあきら)のものが目立つ。当時マニア人気のある作家だったが、わずか26歳で夭折。1984年10月号には大塚編集長追悼文が見開きで掲載された)

2015022803
(この簡略化された線が魅力的で、マネしたりしてました。今見たらちょっと荒いところもあるけれど、でもセンスいいです)

2015022804
(藤原カムイさんは大友克洋の影響を受けたようなリアルな絵で、尚且つ描く女性が美少女。学校のクラスでは大友克洋がもてはやされてたけど、藤原カムイは誰も知らなかった。マイナーだったんですね)

またこうやって、漫画を読んでいると時間だけが過ぎていく。
焦りつつも、楽しい、いや、苦しい仕事が待っているのだ。
スポンサーサイト




ふらり堂

アダルト漫画雑誌の整理をしてたら、
ロリポップが創刊準備号から休刊号まで58冊でてきた。
「あっ」。思わず声を出して驚いてしまった。
世間の価値は知らないが、私にとっては非常に価値のあるものだったからだ。

実は高校時代に伊藤まさや「美しい人間」目当てで読んでいて、
環境の変化により途中読めなくなってしまって(浪人したんですな…)、
続きと結末が非常に気になっていた。

数冊あるのはチラリホラリと見えていたので分かっていたが、まさか全号あるとは。
市場でいくつかの山で仕入れたもので、雑誌は各山に散らばっていたので、
本当に全号あると分かった時は驚きだった。

仕事中にもかかわらず、伊藤まさや「美しい人間」全32話を読みふけってしまう。
そう私はダメな…、いやこれぞ古本屋の醍醐味、役得なのであります(笑)。
2015022601
(ロリポップは笠倉出版社発行が1985年に創刊した雑誌。
80年代初期に起こった美少女漫画ブームを受けて様々な作家が活躍しとりました。
写真は創刊準備号(1985年)より1990年休刊号までの58冊。伊藤まさや「美しい人間」は創刊号より連載。
当初は6話で終わりの予定だったが、人気のため32話までの長期連載となった。)

2015022602
(創刊準備号からの18冊を見ると、森山塔・千之ナイフ・新田真子などの実力派の名が並ぶ。後半になると新人が登場しますが、伊藤まさや「美しい人間」連載終了後は雑誌の勢いも失速し、一年ほどで休刊となってしまうのだ)

2015022603
(ストーリーはフランケンシュタインの美少女版で、
老女博士が死体をつなぎ合わせて美しい人造人間を作り上げる。
その人造人間に体の一部を提供した少女が彼女に恋をし、彼女を探して暗黒世界を彷徨うが…。
彼女の名前はビューティ。ゾンビだらけの救いのない世界ではその美がいっそう際立つ。まさしく退廃美。)

2015022604
(伊藤さんの漫画の凄いところは、毎月10Pちょっとほどの連載なのに
未来的なバベルの塔や地下壕などの背景だけのページが延々と続いたりするのだ。
このスケールの大きさが物語に奥行きを与えていると思うのですが、
当時ストーリー進行が遅すぎて、まだ続きが読めないの~とヤキモキしたのを憶えております。
今見ると、その絵の緻密さに改めて驚かされます)

2015022605
(エロとグロが交錯するも美しきシーン。ここからクライマックスに向けて物語は急展開を迎えます。
連載終了から26年経ちますが、いまだ単行本化になっていないこの作品、
2006年頃単行本化の話もあったそうですが、いまだ日の目を見ず。
こうやって当時の雑誌で読めて本当に良かったと思います。)


読み終えて、気持ちはスッキリ。積年のモヤモヤが晴れた感じ。
あとですね、当時「夜想」「月光」などの雑誌を読みふけり、
想像の世界に没入してた10代の自分を懐かしく思い出したりもしました。
いや~、これまた古本屋の醍醐味。

ふらり堂

もうこのところ本当にせわしくて、ブログの更新が滞っておりました。

昨夜も棚にエロ漫画雑誌を並べて、整理しとりました。
2015022501
(棚に並べると壮観ですね~。1000冊はありそう。こんなこと滅多にないので、カメラも買ったことだし撮影してみました)

気が付くと2月もあと三日で終わり。
今月って28日しかないのに、東京2回行ったし、沖縄も組合の旅行で行ったし、
なんか充実の日々。

年末進行のようなスケジュールでしたが、なんとか乗り切れそうでホッとしとります。

ふらり堂

寒いですね~。今日の神戸は雪ですよ。
こんな寒い日は沖縄でも行ったら最高でしょうね。
せっせとたまった本の整理をしながら、先日の沖縄旅行を思い出したりしてました。

実は2/5-2/7の三日間、兵庫古書組合の旅行で、
沖縄へ行っておったのであります。

行く前は沖縄、あったかくていいだろうな~と思ってたら、
実際には現地の方がコートを羽織っていたのでびっくりですよ。
沖縄にも冬らしきものがあって、その冬らしきものの一番の時期が
旅行した時期と重なっておったのです。

まあ、それはいいとして、古書組合の旅行らしく、
この度の旅は、古本屋さんめぐりをいたしました。

↓以下、巡った店ナリ~。
2015020901
(モノレールの安里駅を降りてホテルに向かう途中寄りました。って、残念ながらお休みでした。
でもよく店の案内を見てみると「年中無休」と書いてある。ナントっ!!。風情のある店なので中を見てみたかった)

2015020902
(牧志公設市場の中にある「ぼんぼれな書庵」。沖縄本コーナーを見て感動。というか、あとに行く古本屋さんにも必ずといっていいほど沖縄本コーナーがあるので、沖縄本ってスゴイっとつくづく思ってしまいます)

2015020905
(こちらも牧志公設市場にある「市場の古本屋ウララ」。店主の書いた本も買わせていただいて、中に並んでいた新里堅進の本をここで購入。限られた坪数において良質を感じさせる本のセレクトに感銘を受けました。感動して「写真を撮らせてください!」と店の方に言ったら、それはこの店のお客さんでありました(笑))

2015020904
(日本最南端の駅「赤嶺駅」のすぐそばにあるブックオフ。看板の左端を見ると、中古モノをかなり扱ってらっしゃるようです。中に入ると、ここにも沖縄本コーナーが!!やはりここでも新里堅進の本を買っちまいました)

ふらり堂

昼飯に近所の喫茶店でカツカレーを食べてたら、携帯のベルがリンリン♪と。

出張買取だ。いざ出陣!!「ハイヨー、シルバー!っ」

話では漫画が800冊(実際は千冊あった)で、特筆すべきは本宮ひろ志がほとんど揃っているのだとか。
20150201
(ごらんのように本宮ひろ志を中心に千冊ほどありました。団地だと階段なんだから運び甲斐がありますよぅ~)

依頼主は本宮ひろ志推しの姿勢でしたが、時の流れは残酷で、
あまりといえばあまりな感じの査定で、ただただ申し訳ないとしかいいようのない顛末で…。
それでも私より前に来られた古本屋さんの査定より高かったそうで、
それはただただ運が良かったというか、ありがたい顛末で…。

まあ、そんな訳でひたすら小雪舞う中本を運んだのですが、
最初寒くて震えていたんですが、全部運び終わったらポッカポッカ。
帰ってからの熱いコーヒーとアンパンがうまかったなぁ。

ふらり堂

| main |