FC2ブログ
週は明けましたが、今週は時間が無さそうなので、
6時ぐらいから作業を始めてました。

まずは昨日の業者買取一件と、出張買取二件。
本当は出張買取三件だったのですが、最後にハズしてしまって、
オケラで帰るハメに。こればかりは行かないと分からないので、
数でこなしていくしかない。出張買取は廻ってナンボなのです。
2015062903
(↑業者からのもの。ちょっと足りないものもありますが、ネタとしては優秀です。最近この業者さんの腕前、ホント良くなりました)
2015062902
(↑は神戸の街中からの依頼。古いものばかりかと思いきやコンビニで購入したという最近のものもあり)
2015062901
(↑は亡くなったご両親の蔵書から。圧倒的にラグビー関連多し。同じタイトルが何冊もあるので、指導者だったかも)

これ以外に、九州の古本屋さんを片付ける時に出た本の整理を。
これがやはり量が多くて、なんとか夕方に終えてホッ。

ん?体力ゲージのメモリが落ちてきてる…。
肉体労働は睡魔と仲良しこよし。
かなり眠りかぶってこのブログを更新しとりました。

さて、顔でも洗って続きをやりますか。
スポンサーサイト




ふらり堂

この度、神戸から福岡に行っておりました。

目的は知り合いの古本屋さんの片付け。
福岡の市場も大事ですが、
本来の目的はこちらでありました。

なぜ本というものは増えるんでしょう?
定期的に片付けに来ているのですが、
また本がどこからともなくわいてきて、
店の主を圧迫しとるのです。

果たしてこのどこから手をつけたらいいのか。
2015062701
(ビフォー。)
2015062702
(アフター。)

って、考えたってしょうがないでしょ。
とにかく、ひたすら、無心に、片っ端から
片付けました。

苦労をしましたが、結局未完のまま福岡をあとに。
また数ヶ月後に続く、予定です。

ふらり堂

遠方のお客さんより荷物が届きました。

引っ越しで出たものらしく、全部で七箱ほど。
七箱は多いな~と思いましたが、こうやって表に出して
まとめて写真に撮ると簡単にまとまってしまうもんですね。
2015062401
2015062402
これが前編で、後編は二週間後に送ってくるとのこと。

例年6月は梅雨の時期で買取が少なく、
まとまった仕入は助かりますね。
再来週のものも楽しみだなァ。

ふらり堂

今日は今(夜9時)からあと一件出張買取に行けば、
ようやく一日が終わりそうです。

それまでも肉体労働の買取が二件ほどありました。

一件は下記のようなもの。
段ボール5箱と聞いていたのですが、
その5箱を査定したら合格サインが出たのか、
全部で28箱売っていただきました。
2015062201
箱に「昭和本」と書いてあったのが印象的。昭和は遠くなりにけり。
昭和本の相場は下がっていたのでありました。
下がっていても、よいものはよいのであります。
最後に「また出たら呼ぶよ」とのこと。ヤッター。

お次は呼ばれてストレートに査定したら「え・ホント?そんなに安いの?
と驚かれてました。
それもそのはず、↓の写真のCD、
最初は全部ライナノーツ・ジャケが欠だったのであります。
2015062202
「こういうのってジャケがないとダメなんですね」
奥から持って来られて、それをパズルのように当てはめると、
すぐに査定額は跳ねて一件落着。

手短でありましたが、今日の買取以上。
いや、あと一件やって以上也。

ふらり堂

先程まで、会社で行ってる雇用保険の
数字の修正を行ってました。
この修正、ホワイト(修正液)を大量に使うもんだから、
一つ新品を卸しました。

間違いに気づいたのは今朝。
実は夢で雇用保険の数字を書いていたんです。
こういった仕事を夢の中でやってるというのは、よくあることですね。
一番多い夢は仕入れをしているところでしょうか。

その夢から覚めてハッと気づきました。
雇用保険の数字、間違えてた!

気づいて良かったですよ。
なんだか面倒なことにならなくて。
たまには夢も役立つことが、あるもんなんだ。

次、仕入れの予知夢希望。

ふらり堂

買取からさきほど帰ってきたのですが、
もう眠くて眠くて…くたくた。
一緒に作業を行っていた同業者はきっとまだ到着してないでしょう。

作業が終わってからトンカツ屋さんで皆で反省会を行っておりました。
いや、反省はほどほどに。
これからの輝ける未来を、そして儲かりそうな話を、
楽しく語ってました。

話の最中に業者のひとりが突如暴れ出す。
意味不明の暴れっぷりに、彼は私たちには見えない何かと
闘っているのではと錯覚したほどでした。

10分後に「ボトン」。
地べたに堕ちたのはカナブンでありました。

さきほどの倉庫に潜んでたんだなぁ。

ふらり堂

早朝一件、午後から一件、出張買取全て全滅。
ホント今日という一日は振るいませんでした。

まあ、こんな日もある。ダメな日はダメなりに。
チョッピリ息抜きでもしようじゃないですか。
「水野貴男 X ミシャコシャ 2人展」。
2015061801
以前ある古本屋で ミシャコシャさんの作品を購入して以来のファン。

今回は直接作者に会って、購入させていただきました。
バラスーシ!いつ見ても感動しちゃいますね。

ふらり堂

大阪で、日南会のあとの出張買取2件。

ほとんどがユーキャン系のDVD・CD等で、未開封が多くて驚きました。
やはり持っているだけで何となく安心してしまうんでしょうか。
本に積ん読というのがあって、読まなくても蓄えとして本を持つ人がおりますが、
DVD・CDにも同じ傾向があるのかもしれません。
2015061701
続いてちょっと離れたところで、クリーナーと工具の買取。
「こういうのできますか?」と電話で聞かれたので、
「一度みさせてください」と行ってみたら下記の写真のものでした。
2015061703
帰り道ついでに出張買取で仕入れちゃいました。

あれ?今日の出張買取は本が一件もないですね~。
まあたまにはこんな日もあるでしょう。

本当はあと一件あったのですが、
時間が足りなくて明日の早朝に延期。
帰って業者の持ち込みと本日の仕入れを整理してたら、
いつもの時間になってました。

相変わらず一日が終わるのは早いっ。

ふらり堂

ツイッターでも書きましたが、
知り合いのデザイナーEさんに依頼していたHPが
ようやく出来上がりました。

なぜようやくかといえば、私が結構無理な注文をしたからだと思います。
あえて書きませんが、なんだか長いことそれで大変な思いをさせてしまって、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、正直言って嬉しいです。

思い起こせば2003年にまーぶる書房を立ち上げた際にも、デザイナーEさんにHPを作ってもらったのです。
そして12年後の今もこうして同じデザイナーEさんにリニューアルしてもらって、さらにパワーアップした感じ。
ありがとう、Eさん。
2015061601
できあがったHPを見て、かなり元気が出て参りました。

どうかこのHPで買取が増えますように。

ふらり堂

朝イチで出張買取。
揃っているとのことで仕入れようとしましたが、
よく見ると揃ってないのもありました。危ない、危ない。
2015061501
この手のシリーズモノは揃っていないと、売るのに大変な苦労をしますね。
今回は買取金額と交通費を考えたらギリギリの線でしょうか。

一旦店に戻り、一時間ほど店番。
でまた出発して、大阪の二十日会に参加、で何点か落札。
すべて結果を見る間もなく、先週の新興会の落札を車に詰め込んで、お次の出張買取。
2015061502
こちらはうたプリグッズ等いろいろ。
お客さんにレクチャーを受けたのでだいぶ詳しくなりました!
っていうか、この知識が他に活かせるようなことがあるんでしょうか。
まあ、何事も勉強、勉強。

仕入れたものを整理してたら、いつもの時間です。
一日が終わるのって、はやい。

ふらり堂

夕方6時前に晩飯の買い物をしてると、
携帯電話が鳴りだしました。

「スイマセン、すぐに来て欲しいんです」

場所は、ここから一時間以上もかかる場所でした。
晩飯、今日は遅くなるかも。
すぐに出発して、一時間半後に到着。
↓の写真の箱を二階から階段で何往復もおろしました。
終わったらもう汗だくで、意識が遠のくような…。
2015061301
そんな労働のあとだからでしょうか。
帰ってからのビールの美味しいこと!

ビール飲んだら、これまた意識が遠のいて
どうやって寝たか分からない内に寝とりました。

ふらり堂

この一週間、東京行ってすぐに名古屋→浜松とあわただしく過ぎていき、
やっと昨夜自宅の家の蒲団で寝れました。

しかも帰りは午前1時過ぎなので、頭がよく働かなくて、
本と着替えに埋もれるように体が崩れ落ち、
気が付くと朝じゃないですか。

まあ、そんなことどうでもいいんです。
今回の旅はなかなかの収穫がありました。
ただそれを書くと長くなってしまうので、短めに。

東京は先週の土曜日にあった南部の大市と、
日曜日のイベント「古本屋のはたらき方」がメイン。
大市の方はある程度焦点を絞って入札し、10点中6点落札。
1点4枚札モノが落ちてくれたので、助かった。
午後より「古本屋のはたらき方」第1部に登場する
古本屋さんたちの店を回ることにしました。
それが下記の写真の店です。
2015061102
全部中央線沿いにあるのですが、どの店も置いてある本の質が高いので驚かされました。
①阿佐ヶ谷駅=コンコ堂②西荻窪=音羽館③吉祥寺=百年④三鷹=水中書店。
もう一軒本当は中野の「古本案内処」を回る予定が、回りそびれてました。
オープンがまだとのことで行きそびれてましたが、店自体は買取をやっているので
開いていたそうです。行けば良かったナァ。

翌日日曜日は西部古書会館にてトークイベントショー。
①「あなたの街の古本屋」②「今どうやって本を売る?」③「新しい市場のつくりかた」 。
今回は何と言っても、第一部の「あなたの街の古本屋」でトークされる実店舗のお店の方々が
どんな風に商売されているか非常に興味があった。

で、実際に聞いてみて、具体的なところまで話されていたので、
だいぶ参考になりました。
同業者がこうやって一同に会して
話すというのが斬新でしたね。もう話を聞いていて
「そうか、こういうやり方もあるのですね」という感じで、自分では発想しえない考え・意見は
ナカナカ刺激があって、やる気にも火が付きました。素敵なイベントをありがとう。

当分この日の思い出で頑張れそうです。

ふらり堂

| main |