FC2ブログ
2015092002

遺品整理から出てきたものらしいのですが、とにかく雑多、様々な人の様々なものが入っておりで整理が大変でした。
しかし、整理を進めていくと、ある人物の一生分の記録が入っていることに気づきました。
写真手前、命名書と弔辞、同じ人物に向けられたものなんです。


死因は飛行機墜落による、頭蓋骨粉砕骨折とあります。
では、なぜ墜落したのでしょう?撃墜されたのでしょうか?

P1020370.jpg

違います。編隊訓練中に隣の飛行機に接触、墜落してしまったのです。
それがこの報告書から読み取れます。

2015092003

私はこの塊に圧倒されながら、2つのことを感じました。

1つ目は、戦争はこんな犠牲者も生む、ということ。戦争がなければ、大好きな絵を生業に出来ていたかもしれない。
そして、このような訓練は現在の日本でも毎日行われているということ。

2つ目は、アナログデータの力強さです。
いま21歳の方が亡くなったとして、こんなに濃密な足跡が残せるでしょうか?
さまざまな足跡はデータの欠片としてクラウドの海に溶けてしまっているのではないでしょうか。


今回ばかりは宣伝無しで。

2015092201

2015092301


スポンサーサイト




ふらり堂

やっと9月も半ばとなり、だいぶ涼しくなりました。
逆に季節の変わり目で体調を崩す方もおりますが、
皆さんは大丈夫でしょうか?

そういったこととは関係なく、仕入れはじゃんじゃんやってきます。
今日も午前中変った買取がありました。
馬の置物に、お面の数々。

特に馬はお客さんの人生のすべてが詰まっているかのような濃いさ。
それもそのはず。お客さんは御年八十代半ばで、
数十年に渡って集めた馬の置物なのですから。
2018091401
特別に許可を得て、飾っているところを撮らせていただきました。
2018091402
日本の郷土玩具をはじめ、
イギリス・ロシア・フランスなどの馬のさまざまな置物が棚2本に渡って、
びっしり置かれておりました。
2018091406
ちょっと拡大すると、こんな感じ。圧倒されますね。
ガリバー旅行記の最終話は馬の国だったなと、
なぜか思い出したりして。
馬の雄々しく、優しい雰囲気がよく伝わってきます。
2018091403
他にはお面もあって、とにかく古いものがあります。
数十年、裏に書かれてある年代を見ると、明治時代ぐらいのものもありました。
2018091404
上の狐のお面の裏には「厄除け」と書いてありましたが、
狐で厄除けとは。面妖な感じがして、見ているだけでも吸い込まれそう。
2018091405
最後に馬のお面。これは古くて珍しいです。
表情も神秘的でなんとも言えません。

これは一つ一つ扱っていくのが楽しみです。
お客様、お売り下さりありがとうございました。

当店ではいろんな趣味のものを買取してます。
面白いもの、珍しいもの、変ったもの、あなたのこだわりのもの。
もし片づける時が来たならば一度お問い合わせください。
一生懸命査定させていただきますね!

ふらり堂

20作くらいですか、昭和30年台後期を中心に古い紙芝居が入ってきました。
テイストとしては全体的にこんな感じ。絵が柔らかくて素敵。




まだ若いのに忘れっぽいですね。

P1430018.jpg


かこさとしさんの新しめのやつも入っていたり。

P1430019.jpg



それはそうと、昔の紙芝居って勢いがあっていいですね。魚買いすぎだろ。お使いの話なんですが。
自転車事故も多大な損害賠償を請求される場合があるので注意しましょう。

P1430020.jpg


で、これが今回のキラーアイテム「かためのトラック」整備不良で捕まります。
そして、驚くことにこのトラックが勤務する会社の社長が・・・

P1430021.jpg

なんとクロネコ!昭和38年なのに!作者の予知能力が半端ない!
しかも、なんか悪そう。ブラック企業であることをを示唆しているかのうよう。

P1430022.jpg


やっぱり!台風なのに出勤させてる!安全配慮義務違反です。
しかも、トラックにおにぎり!食品衛生法にも抵触しそうです。

P1430023.jpg

いろいろあって一件落着。それにしても社長悪そうだなあ・・・
P1430024.jpg

なかなかお持ちの方は少ないとは思いますが、こういうものも買取しておリます。お待ちしております!

ふらり堂

昭和風俗トルコ風呂本を仕入れました。

ソープランドや他の風俗のものは普段でも仕入れる機会があるかもしれませんが、
トルコのものがこれだけまとまって入ってくることは滅多にないです。
2018090101
なぜ国名のトルコが風俗の名称に使われたか?若い頃不思議に思ってました。
調べてみると、昔トルコでは普段顔を隠している女性たちが、
お風呂を社交の場としていたのが、どうもトルコ→女性の裸体→風俗へと結びついたようです。

しかし1981年頃、トルコの留学生の方が当時の厚生大臣に抗議したのがきっかけで、
その後現在の「ソープランド」へと名称が変更になるのです。
この事件、当時のテレビのニュースで見たのをよく覚えております。

ともかく、そんな経緯で昭和の風俗といえば「トルコ風呂」になる訳ですね。

風俗の本なので、裸体の表紙が多く、今回は表紙を見せて紹介のできる本が少ないです(笑)。
2018090102
その中でも面白そうなのが、「おとこの読本」。
昭和50年代に出たもので、「全国トルコ1200軒」なんて書いてあります。
凄い数ですね~!
2018090103
中にはお店のデータなどが書いてありますが、
トルコ嬢の似顔絵があまり美人ではなくて、リアリティがあります。
2018090104
つづいて「トルコ・ガイド」ミリオン出版 昭和56年発行。
2018090108
こちらの本、トルコ風呂の内装の写真が掲載されているのですが、
デッカイ風呂桶があって、驚かされます。
なんでも花魁の風呂桶だどうで、当時好評だったとか。

こういった本は当時の風俗を知る上で、貴重な資料となるでしょう。
興味のある方、是非ご一読を。

(当店は昭和の風俗本、アダルト本、買取しております。宜しくお願い致します)

ふらり堂

| main |