FC2ブログ
業者の方が段ボールで5箱ほど本を持ってきてくださいました。

その中から抽出したのが下記のものです。
2018062115
いつなんどき、どんな本が入ってくるか分らないのが古本屋の常ですが、
突然戦前戦時中の本が入ってくることもあるもんなんですね。
2018062114
アサヒグラフは大東亜戦争。戦前のものはほとんどが昭和18年(一枚目の写真中央)で、
その後は戦後昭和21年(一枚目の写真左端)に飛んでます。
おそらく昭和19年から20年は本を買うなどの余裕が無くなったからかもしれません。
2018062116
週刊少国民も同様で、すべて昭和18年発行でした。
2018062111
この雑誌、時折見開きであるイラストが迫力満点なのです。
2018062112
この双六などは軍事物の双六で、非常に珍しいですね。
どちらも額などに入れて飾りたくなってしまいます。
2018062113
あと希少本ではないですが、「猟銃等取扱いの知識と実際」。専門的な本ですね。
銃を持っている方しか見ることの無い本なので、書いてある内容が興味深いものでした。

このように業者の方の持ってくる本は、何が飛び出すか分らないので大好きです。
また何か面白いもの持ってきてくだらんかな~。
スポンサーサイト




ふらり堂

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL